紫外線対策の知識と飲む日焼け止めとして効果のあるサプリメント

日焼けって辛いですよね?

最初はお肌が真っ赤になってヒリヒリする。

そのうち熱をもって腫れあがり、痛くて水シャワーもできない。

数日間は服を着るのも大変で、痛みが治まると真っ黒に変わっている。

また数日経つと皮膚がボロボロむけてくる。

一番いい日焼け止め対策って何でしょう?

対策を練るには原因を知らなきゃいけませんが

紫外線が原因って聞いたことがありますよね。

ここでは紫外線の種類とお肌に与える影響を書いていきますね。

お肌にダメージを与える2種類の紫外線とその影響

太陽の光に含まれる紫外線で私たちのお肌に届くのは
A波(UVA)とB波(UVB)の2種類があります。

UVAとUVBのどちらもお肌にダメージを与えますが
その届く深さやダメージの内容に違いがあります。

紫外線A波(UVA)とお肌への影響

UVAは地表に届く紫外線の約90~95%と大半を占めています。

波長が長い紫外線で、雲や窓ガラスを通過してお肌にダメージを与え
曇った日でも屋内にいても影響を受けるので生活紫外線とも呼ばれます。

お肌の真皮層まで到達して、発生した活性酸素が、ハリや弾力を保つ
コラーゲンやエラスチンを酸化して傷つけシワたるみの原因となります。
老化現象の促進

また、表皮層では、発生した活性酸素がメラニン色素を酸化するのを促進し
肌を黒色に変化(サンタン)させ、シミの原因となります。

UVAのエネルギーは弱く、痛みや痒みもなく、ダメージを感じないが
生活紫外線でありジワジワ効いてくるので普段からのケアが必要です。

紫外線B波(UVB)とお肌への影響

UVBは地表に届く紫外線の約5~10%を占めています。

雲や窓ガラスで遮ることができ、肌への影響は表皮までです。

エネルギーが強く、大量に浴びると赤く炎症を起こします。(サンバーン

メラノサイトが刺激され、より内側に紫外線を通さないように
メラニンが(活性酸素も)たくさん作られ、シミの原因になります。

お肌のサイクルが乱れてメラニンが溜まり、くすみの原因になります。

お肌を守ろうと角質層が厚くなり、ごわつき乾燥の原因になります。

海水浴など屋外での日焼けのほとんどはUVBの影響です。

日焼け止めのしくみ

日焼け止めには、クリーム、ジェル、スプレーなど様々なタイプが
ありますが、体の外側からお肌を守るしくみは大体同じです。

ここ数年でサプリメントタイプの飲む日焼け止めが注目されています。

体の内側からお肌を守るというアプローチです。

それぞれのしくみを確認してみましょう。

これまでの日焼け止めのしくみ(体の外側からお肌を守る)

基本的には、紫外線をお肌の内部に入れない対策(UVカット)で
お肌がダメージを受けることを防ぐことになります。

お肌を守る成分で、お肌の表面を覆い紫外線をブロックするもので
「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。

紫外線吸収剤の働き

紫外線を吸収し、化学反応で熱エネルギーなどに変えて放出することで
お肌を守ります。

高い紫外線防止効果がありますが、この化学反応は肌への負担がかかるため
肌の弱い人が使用すると、肌荒れなどのトラブルを起こす場合があります。

紫外線散乱剤の働き

白い粉体で、紫外線を散乱・反射させることでお肌を守ります。

比較的肌に優しいので、肌の弱い人でも使用できるようです。

しかし、白い粉体での紫外線の散乱・反射を利用しているので
高い紫外線防止効果を出したい場合、粉をたくさん入れる必要があります。

すると、粉っぽさや白さが出たり、塗るとき伸び広がりが悪かったりする
使用上のデメリットもあります。


お肌の表面をまんべんなく覆って紫外線から守るわけですから
目、口、頭や傷口の周りなど塗れないところは防御できません。

また、もったいないからといって、あまりにも薄く伸ばし過ぎると
効果を発揮できません。

容量をしっかり守って最大の効果を出すようにしましょう。

日焼け止めの2つの指標SPFとPAとは?

日焼け止めを選ぶときはSPFやPAの数値を参考にしましょう。

SPF(Sun Protection Factor)とは

サンバーンを引き起こすUVBをカットする指標です。

SPFの数値の大きさは、保護力の強さではなく
「UVBを浴びて肌が赤くなり始めるまでの時間」を示しています。

つまり「何時間効果が続くか」の指標です。

たとえSPFの数値が小さかったとしても
マメに回数を塗れば同じ効果が得られます。

例えば素肌で紫外線を浴びると20分で赤くなる人が
SPF15のUVカットを塗ると、20×15=300分
つまり5時間は赤くならないということです。

5時間ごとに塗りなおせば、ずっと効果が続きます。

PA(Protection grade of UVA)とは

PA値は日本独特の表示で、UVAをカットする指標です。

PA++あれば「サンタン」を4~8倍遅らせることができるので、
日常生活ではこのレベルで充分でしょう。

海や山ででのレジャーの時はPA+++がよいでしょう。

飲む日焼け止めのしくみ(体の内側からお肌を守る)

大抵の飲む日焼け止めは毎日継続することを推奨しています。

つまり、普段から日焼けに強いお肌を作っておく、体質改善のイメージです。

日焼けは、紫外線の刺激で異常に増えた活性酸素が細胞を酸化して
傷つけたり変成あるいは死滅させたりすることであることから
体の内側からの日焼け止めには、次のアプローチがあります。

活性酸素の活動を抑える

サプリメントの主成分を強力な抗酸化作用のある成分として
活性酸素を除去またはその活動を抑えます。

色素成分で紫外線

人間のメラニン色素本来の働きが、細胞を紫外線からブロックし細胞の酸化を
抑えるのに代わり、植物由来の色素成分で紫外線をブロックします。

肌本来の力を利用して炎症を抑える

紫外線を浴びてしまった後でダメージを修復する
抗酸化力が働き続ける成分であれば、効果を発揮します。


サプリメントは、主成分として抗酸化作用のある成分を配合し
足りない作用は、他の成分を加え加えるなどして効果を高めています。

その他、美白やアンチエイジングの成分を含むとか様々です。

日焼け止めの選び方

塗る日焼け止めは圧倒的に安いし、まずまずの効果が実感できます。

しかし、「塗るわずらわしさ」という致命的なマイナスポイントがあります。

●ニオイがしたりベタベタする
●白くなったり、テカったり、つっぱったりする
●どうしても塗り残しや塗りムラができる
●とにかく塗るのにも落とすにも時間がかかる
●水濡れや汗が気になる
●こまめに塗りなおしが必要
・・・etc.

一方で、飲む日焼け止めは、まだまだ高価です。

しかし、塗るわずらわしさからは完全に解放されます。

目、口、頭、傷や炎症の部位にも全身に効果があり、敏感肌の方でも使用できます。

高価であってもあまりあるメリットがあるのではないでしょうか。

飲む日焼け止めでは何が一番のおすすめか主成分で選んでみましょう。

現在サプリの主成分には抗酸化作用の強い成分が色々あります。

 ニュートロックスサン
 PLエキス
 フェーンブロック
 アサイーポリフェノール
 アスタキサンチン
 パインセラ

何といっても効果が高いと今最も注目の成分ニュートロックスサン
配合がおすすめです。

何故なら、実証実験で確認された効果が公表されているからです。

毎日250mgのニュートロックスサンを3か月摂取し続けると

1日目と比較して約60%も紫外線に対する防護作用が見られた。

3か月かかっているけど効果があることが証明されているのです。

ニュートロックスサンを主成分とするサプリについては
こちらの記事を参考にしてください。

お肌に一番悪いのは紫外線って分かってるんだけど、日焼け止めで困っていませんか?例えば、敏感肌なので強い日焼け止めにお肌が負けるため使えないとか・・・でも、飲む日焼け止めならどうでしょう?体の内側からの紫外線対策なので、お肌が弱い人でも安心して日焼け止めできます。

この記事で紹介しているニュートロックスサン配合サプリで
「インナーパラソル16200 for/UV」を最もおススメしています。

その理由は圧倒的な有効成分配合量とその表示による信頼性からす。

こんなところが2017年モンドセレクション金賞受賞
という世界基準で認められたのではないでしょうか。

それでも、値段が高すぎると感じるのなら、こんな使い方はどうでしょう。

●1日2粒毎日継続して飲むものなので、紫外線の弱い季節は1日1粒
減らしておき、海やレジャーに出かける時にもう1粒飲んでみる。

●塗る日焼け止めと上手に併用してみるなど。
(SPFやPAの指標を参考に)

コップ一杯の水で飲むだけの日焼け止め

詳細を見たい方は下の画像をクリックしてくださいね。

インナーパラソル16200