母乳栄養成分ラクトフェリンが体の健康を守る力を高めるサプリメント

最近、体の不調が増えたり、風邪や病気にかかりやすくなったと
感じていませんか?

もしかして、体を守る力(免疫力)が低下しているのかもしれません。

私たちの体には、病原菌を撃退する体を守る力(免疫力)が、
もともと備わっています。

体を守る力が強ければ病気にかかりにくくなり、
弱ければかかりやすくなります。

体を守る力というのは、ウイルスや細菌、体内の異常細胞を排除する
免疫細胞の働きによるものです。

この免疫細胞の働きは、20代をピークにして衰えていくので、
年を取るほど体調を崩したり、病気にかかったりしやすくなるのです。

また、免疫細胞の働きはが低下してしまうと健康な体の人でも
毎日作られる腫瘍細胞が排除されずに増殖していくので
癌発症のリスクが高まってしまいます。

”体を守る力”を高めてずっと元気に!

カギは腸にあり

ウイルスや細菌を撃退して体を守る力は誰にでも備わっています。

でも人によってその強さが異なるのは何故でしょう?

近年の研究で分かってきたことがあります。

免疫細胞の約7割が腸内に存在するので、
善玉菌が多く整った腸内ではその働きが強くなり、
悪玉菌の多い腐敗した腸内だと働きが弱くなってしまうのです。

善玉菌のビフィズス菌やビフィズス菌を増やすオリゴ糖を摂取して
腸内環境を整えることで、免疫細胞の働きを強くすることができます。

病気を防ぐには、腸内環境を整えて体を守る力を高め
病原体を撃退する強い体をつくることが重要なのです。

母乳成分ラクトフェリンが”体を守る力”を高める

そこでおススメしたいのが、母乳とくに初乳に多く含まれるたんぱく質
ラクトフェリンです。

免疫細胞を活性化させる働きがあり、体を守る力を高めてくれます。

ラクトフェリンのおかげで赤ちゃんの、か弱い体が守られているのです。

また、「母乳で育った赤ちゃんは健やかさが違う」と言われることから
研究されて、その効果は数多くの試験で確認されています。

免疫力が高まれば、体外からの病原体も体内の異常細胞も排除され
病気をはねのける強い体になって、ずっと元気でいられるでしょう。

ラクトフェリンは赤ちゃんだけでなく大人の健康を支えるのにも
必要な成分といえます。


しかし、ラクトフェリンには大きな課題が2つありました。

一つは、熱に弱く、一般的な加熱加工した牛乳や乳製品から抽出することが
できません。

もう一つは、酸にも弱く、その働きが腸内の免疫細胞を活性化させること
なので胃酸などで邪魔されずに腸まで届かせる必要があること。

これらの課題はいま、技術開発で克服されて製品化されているようです。

ラクトフェリンとは?

ラクトフェリンの名前の由来は、
「ラクト(乳)+フェリン(鉄と結合するタンパク質)」からきています。

鉄と結合することで様々な働きをします。

ほんのり赤っぽい色なのは、鉄のせいでしょう。

ラクトフェリンは母乳だけでなく、唾液、涙や汗など外界と直接触れる場所
にも含まれています。

このことから、外界からの刺激や感染などから守っていることがわかります。

また、ラクトフェリンは世界中で様々な研究がされており、
免疫力強化や発癌の予防、抗菌・抗ウイルス作用、鎮痛・不安解消作用、抗炎症・
アンチエイジング作用、アレルギー症状緩和作用などの効果があるとされています。

ラクトフェリンの免疫力強化

ラクトフェリンの免疫力強化で最も注目されるのは、癌治療への利用です。

癌などの病気にも効くといわれるのは、鉄と結びつき悪玉菌の生育環境を奪い、
腸内環境を整える効果があるからです。

すると腸内で体内の約7割が存在する免疫細胞の働きが活発になり、
病原体を撃退します。

つまり、免疫力が強くなり、病気に強い体になるということです。

通常、1日あたりのラクトフェリン摂取量は100~300mgですが、癌の場合は
1日あたり900~1,200mgの摂取が必要と考えられているようです。

癌治療において、化学療法と兼用すると、ラクトフェリンはその副作用を
軽減させることがわかっており、大きな期待がもたれています。

ラクトフェリンの抗菌・抗ウイルス作用

ラクトフェリンはウイルスや細菌の生育環境を奪うことが知られています。

かんで口の中に溶け広がるチュラブルタイプのサプリメントだと、
すぐに舌苔が少なくなったり、口の中がつるつるになったり
効果を感じることができます。

また、なかなか完治の難しい歯周病への治療でも
ラクトフェリンの抗菌作用が結果をだしています。

抗ウイルス作用としてはインフルエンザ対策で注目されています。

ウイルスが体内に侵入してきても、免疫力がしっかり働いていれば
発症しないか、発症しても軽い症状で済むといえます。

最近ではノロウイルスにも効くという研究成果も発表されています。

ラクトフェリンの鎮痛・不安解消作用

ラクトフェリンに痛みを和らげたり、不安を解消したりする効果もある
ことがわかっています。

鎮痛作用は実験で確認され、医薬品のモルヒネと兼用するとモルヒネの作用を
増強することも分かっています。

モルヒネのような副作用が見られないため、
それに代わることが期待されています。

ラクトフェリンに不安解消作用があることは、赤ちゃんが母乳を飲んだ後
すやすや寝てしまうことから分かります。

赤ちゃんだけでなく、大人にとっても効果があるとされ、現代社会における
様々な心に関わる病気の改善に役立つと期待されています。

ラクトフェリンの抗炎症・アンチエイジング作用

お肌のシミやシワの原因は、過剰に発生した活性酸素で細胞がダメージ
を受けることですが、ラクトフェリンの抗炎症作用でダメージを軽減し
老化を遅らせることができます。

人が老化する原因のひとつに、体内に侵入する菌やウイルスがあり、
その数が多いほど老化が進行が早くなる傾向があります。

ラクトフェリンは鉄と結びつくことで、菌やウイルスが生育する環境を奪い、
無菌状態に近づけることでアンチエイジングになると考えられます。

また、研究成果などで目のアンチエイジングにも効果があることが
確認されています。

ラクトフェリンのアレルギー症状緩和作用

ラクトフェリンにはアレルギー症状緩和作用もあるので
花粉症にも効果を発揮します。

アレルギーによる炎症の発症を抑制し、症状を緩和させることもできます。

また、ラクトフェリンにはストレスを緩和させる作用もあるため
ストレスが原因のアレルギー疾患を緩和させることにも使えます。

ラクトフェリンを選ぶにあたって

ラクトフェリンはもともと、母乳に含まれる赤ちゃんを守る成分ですから
人体に悪影響を及ぼすことはないと考えられています。

過剰接収による副作用も報告されていないので推奨量をしっかり摂ることが
大事です。

ただ、ラクトフェリンには多くの健康作用があるため、ダイエットや美肌など
目的に応じて他の成分と一緒に配合されている場合が多いので、他の成分の
摂取上限を越えないように注意しましょう。

ラクトフェリンの効果の持続時間は24時間となっているため、毎日同じ時間に
忘れず飲むことが大事です。

腸内での効果を期待する場合は、腸溶性カプセル使用など
腸まで届くものにしましょう。

ラクトフェリン配合のおすすめサプリ

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌!

ラクトフェリンに乳酸菌を加えて腸内環境を改善し免疫力を高めたサプリ

おすすめのポイント

①贅沢な生乳由来のラクトフェリンを1日の必要量300mg配合

②耐酸性カプセルでしっかり腸まで届く

③乳酸菌(高生存種のビフィズス菌とフェカリス菌)と
 そのエサとなる(天然のオリゴ糖)配合で腸内環境を改善し免疫力を強化

詳しくは下のリンクをクリックしてください。

【ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌】

プレミアム ブレスクレール

腸溶性カプセルにラクトフェリンも配合して腸内環境を改善し
口臭・体臭を抑えるサプリ

下の記事参照

あなたは大丈夫ですか、お口のニオイ? 自分ではなかなか気づかないし、人には教えてあげにくいもの。 あれっ、おかしいぞって思ったらサプ...